富士総合火力演習その3

必勝の信念と旺盛な突撃精神を併せ持つるいすですこんにちは。

富士総合火力演習その3です。

演習は前段と後段に分かれており、前段は射撃の展示や装備品の説明など。後段は実戦を想定したシナリオに則した演習です。

シナリオ説明を映し出す画面。今が旬の離島奪還作戦です。去年から離島奪還シナリオになっているそうです。演習には各国駐在武官も招かれていますから、ここでガッツリ見せておくのはとても大切なことですね。国を守る意志というものをはっきり表示する。泥棒たちに。誰とは言いませんけど。
SANY0227.jpg
この写真にあるように、当初海自のP-3C対潜哨戒機及び空自のF-2支援戦闘機が登場するはずでしたが・・・。悪天候の為キャンセル・・・。残念・・・。爆撃したという想定で地上に仕掛けた爆薬を爆発させるのみにとどまりました。

SANY0228.jpg
さあ、状況開始です!

SANY0229.jpg
88式地対艦誘導弾の登場です。対外愛称はシーバスター。もう初めて聞いたよそんなアダ名!ごめん!
しかしこれもミサイルですから、目標が霧の向こうでは発射できず・・・。発射号令の展示のみ。残念です。一番残念がっているのは隊員の方々だと思いますが。晴れの舞台でぶっ放せないのはかなり残念ですよね。多分。

SANY0232.jpg
87式偵察警戒車の射撃展示。曳光弾見えますか、赤いやつ。

SANY0235.jpg
油気圧サスペンションを活かし、稜線射撃を実施する74式戦車。このように姿勢を変更することで待ち伏せなどに有利になります。

SANY0242.jpg
10式戦車も登場。素晴らしい機動性、そしてデータリンクシステムによる小隊での同時目標捕捉、同時協調射撃など、先進的な機能が詰め込まれています。

SANY0249.jpg
90式戦車も進入してきました!

SANY0252.jpg
各車両大集合です。

SANY0248.jpg
ヘリも大集合。今回はアパッチくらいしか展示されませんでした・・・。あとのヘリはほとんど天候不良でキャンセル。いかんせんガスが濃すぎました・・・。状況ガスです。空挺降下もへリボンも、ヘリによる車両輸送や懸吊もスパイリギングもキャンセル・・・。しかし終盤は少しガスが晴れてきたのでこの編隊飛行は見られました。

SANY0253.jpg
そして集結した戦車から発煙弾が発射されて状況終了!「パーパパ~パ パーパパ~パ パパパパパパパ~」鳴り響く「状況終了」のラッパ・・・。「えっ!もう終わり!?」全ては天候のせい。航空機とミサイルはほぼ全て展示キャンセルになってしまったため、ボリュームの少ない総火演になってしまいました。

また、ワタクシめのコンパクトデジタルハイパーカメラでは写真には収められませんでしたが、92式地雷原処理車や指向性散弾、対人狙撃銃や偵察バイクなど、雨天の中でも迫力の展示がありました。是非みなさんも抽選で当てるか、お近くの自衛隊募集案内所で見学ツアー等催していれば申し込んだりして総火演行ってみてください。ものすごい迫力ですよ!
スポンサーサイト

富士総合火力演習 その二

敵は幾萬ありとても 全て烏合の勢なるぞ 烏合の勢にあらずとも 味方に正しき道理あり

こんにち!るいすです。富士総合火力演習その二です。

降り止まぬ雨。みんな売店で陸自迷彩のポンチョを購入して着ているもんだから、そこいらじゅう迷彩のテルテル坊主が歩いてるみたい。しかしカモテル坊主の効果は薄く降り止まぬ雨。

それでも演習展示は続きます。

しかし標的が濃霧の向こう側のため、誘導弾系は号令のみで発射展示はキャンセルばかり・・・。残念でした・・・。

そんな中登場した89式装甲戦闘車!防衛省公募の公式愛称は「ライトタイガー」!でも誰もそんな名前で呼んでない!ごめん!
SANY0197.jpg

35ミリ機関砲が火を吹く!!
SANY0199.jpg

AH-64Dロングボウアパッチの30ミリ機関砲も火を吹きます。見てくださいこの排煙。悪魔の鼻息のよう。
SANY0203.jpg

87式自走高射機関砲!防衛省公募の公式愛称は「スカイシューター」!でも誰もそんな名前で呼んでない!なんかごめん!
SANY0207.jpg

ドイツのゲパルトを参考に造られた対空機関砲です。スイスのエリコン社製35ミリ対空機関砲搭載。エリコン社といえば、零戦の20ミリ機銃もエリコン社製及びそのライセンス生産だったのは有名なお話。
SANY0208.jpg
安全管理上、対空射撃の展示は出来ないため水平発射です。白い曳光弾が尾を曳いて飛んでいきます。

古武士、74式戦車の登場です!やっぱ古き良き戦車然りとしたこのルックス。渋いです。
SANY0210.jpg

105ミリ・ライフル砲の射撃。ライフリングが施してある砲であるため命中精度が高く、射撃競技会などでは後継のハイテク満載の90式戦車より好成績を叩き出すこともあるとか。(90式は滑空砲)
SANY0211.jpg

射撃時の発砲炎をカメラに収めたかったのですが、0.1秒以下の一瞬のため全く捉えられず・・・。
SANY0212.jpg

射撃を終え後退。砲塔だけは標的に向けたまま、泥を巻き上げ車体を旋回させる姿がかっこいいです!
SANY0213.jpg

90式戦車登場!
SANY0214.jpg

第三世代戦車として世界トップクラスの性能を誇るハイテク戦車です。
SANY0215.jpg

ラインメタル120ミリ滑空砲の射撃。「BAM!!」すごい衝撃派がスタンド席まで届きます。
SANY0218.jpg

出ました!10式戦車!去年から演習に参加しています。ワタクシが以前総火演に来た時は試作車両の展示のみでしたが、昨年から走行、射撃が公開されています。
SANY0222.jpg

日本製鋼所製120ミリ滑空砲の射撃。90式と違いラインメタル社製ではなく新開発の国産滑空砲です。
SANY0223.jpg

10式のスラローム射撃。これほんとすごいです。えっ戦車ってこんなに曲がれるの!?ってくらい旋回性能が抜群です。砲塔を標的に向けたままグネングネン曲がって射撃します。旋回半径は90式の半分だそうです。
SANY0224.jpg
停止間のエンジン音の静粛性もすごかった。まるでアイドリングストップしてるみたい。

前段演習はここまで!次回は実戦を想定して通しで行われる後段演習をリポートします。分カレ!

富士総合火力演習 その一

最後の決は我が任務!騎兵砲兵協同せよ!!こんにちはるいすです。

行ってきましたよこれ!平成25年度富士総合火力演習です!
SANY0161_2013090716182411a.jpg

今回非常にありがたいご縁に恵まれ、スタンド席で観覧することができました。しかし天候は生憎の雨・・・。仲間たちと共に富士駐屯地近くの宿に前日入りしていたのですが、起床ラッパ代わりに鳴り響いたのは屋根を打つ激しい雨音。全員が起床時間前に目を覚ますほどの大雨に一同落胆していたのですが、雨音に混じって聞こえてきた砲声!予行の砲声が聞こえる!そりゃそうだ!雨で中止なんてするわけないじゃん!演習なんだから!こちとら雨衣の準備はしてある!行くぞ!
しかしスタンド席でホント良かった。土砂降りの痛みの中を、傘もささずに地べたに座るシート席よりかなり恵まれております・・・。
SANY0162.jpg

音楽隊の方々が入場。「陸軍分列行進曲」や「大空」「凱旋」など、自衛隊の定番ナンバーを披露してくれました。写真は意想曲「攻撃」のラスト、万歳三唱のシーンです。この「攻撃」という曲は、突撃ラッパに始まり、砲声や機関銃の連射音を大太鼓、小太鼓で表現し、最後は突撃を完遂して万歳三唱で終わる勇ましい曲です。
意想曲「攻撃」
SANY0166.jpg

そうこうしているうちに黒塗りのセンチュリー登場!
SANY0170.jpg

防衛大臣小野寺五典閣下その人である!雨衣上下着装で登場です。
SANY0171.jpg

さあ展示の始まりです!野戦特科部隊が進入してきました。
SANY0175.jpg

99式155ミリ自走榴弾砲です。
SANY0178.jpg

これの射撃は凄い!!ここは「BAM!!!」と小林源文先生ばりに表記したいところ。かなり離れたスタンド席でも衝撃波がきます。すごい圧力。ちなみにここ東富士演習場から撃って、伊豆まで砲弾が届くそうな。
しかしものすっごい濃霧で、弾着地点が全く見えない・・・。「だんちゃーーーく・・・・今!!」というアナウンスは聞こえるものの、弾着は霧の向こう・・・。数秒後に聞こえる爆発音・・・。残念無念です。ワタクシは3年前にも一度総火演に来たことがあったのですが、その時は見事に快晴で、正確に標的を射抜く精密な射撃術に驚嘆しました。
SANY0181.jpg

晴れていればこれも見られたのに・・・。名物の富士山です。異なる種類の砲で一斉射撃し、弾着の時間と場所を合わせ、富士山を描きます。見学に来ている外国軍人、駐在武官に「クレイジーだ」とまで言わしめたこの技術。しかし突撃支援射撃において、この正確さが歩兵の突撃を助けるのです。歩兵が突撃を開始するって時に、もし一発だけ砲弾が遅れて飛んできたら・・・。それは恐ろしい結果を招来します。だから自衛官は時間厳守。毛布をたたむ際も端はきっちり合わせてバウムクーヘン!何事もミリミリと!(ミリミリとは自衛隊用語で、細かく丁寧にといった意味)
huji1.jpg

96式装輪装甲車。見えますか曳光弾。写真に収めるの大変でした。
SANY0191.jpg

後部ハッチが開いて普通科隊員が飛び出してきました。この一瞬あと小銃射撃であの青い風船は消し飛びました。
SANY0192.jpg

今回はここまで!まだまだ続きます!分かれ!!

ハイビジマーキングその2

こんにちはるいすですこんにちは。

またまた国籍マークTシャツのご紹介です。去年まではボディはブルー一色のみの入荷でしたが、今年はODカラーも入荷いたしました!

usaf1.jpg

こちらもなかなか渋いです。

プリントのかすれ具合も相まって、第二次大戦当時の飛行機の機体みたいですね!

ハイビジマーキング

こんにちはるいすです。

またこのじわじわ人気アイテムが入荷いたしました。

アメリカ軍の国籍マークがハイビジにプリントされたTシャツです!

usaf2.jpg

今はもうほとんどの軍用機が迷彩効果重視のグレーのロービジ仕様・・・。寂しいかぎりです。80年代くらいまでのハイビジ塗装が大好きで、あの派手な機体を見ると今でも惚れ惚れしますね!

F-14-vf-84.jpg
ジョリーロジャースのトムキャット!かっこいい!

A-3 キャップ デニム

こんにちはるいすです。

先日ご紹介しました整備兵キャップ「A-3」の、デニム版を今回はご紹介。

A-3cap1.jpg

形はそのままに、生地がデニムになっており、よりタウンユースに特化した仕様となっております。

こちらはデニム独特の経年変化をしますので、長く使えば使うほどいいお味がでてきますよ!

フライトジャケットに合わせてかぶるとかっこいいです。

A-3 キャップ

整備にあたるつわものの しっかりやって来てくれと 愛機に祈る親心

こんにちはルイスです。

ほぼ一年ぶりの入荷。前回はすぐに完売してしまったバズリクソンズの復刻A-3キャップがまた入荷です!

A-3cap2.jpg

第二次大戦当時、米軍の整備兵向けに支給されたヘリンボーン生地のキャップです。

a-3p-51.jpg

頑丈なヘリンボーン生地に、鍔の中芯も丈夫に作られており、兵士がポケットに突っ込んだりハードに使ってもヘタらない、むしろいい味が出てくると。オイルで汚れたりなんかして。漢のワークキャップです。

おすすめです!
プロフィール

ファントムヨコタ

Author:ファントムヨコタ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR