今年もPコートが

敵地ニ一歩ワレ踏メバ、軍ノ主兵ハココニアリ。お久しぶりです、お父さんとお母さんの血を引くルイスです。

11月ももう終盤!滅法寒くなってまいりました・・・。

今年も冬の定番Pコートがたくさん入ってきましたよ!

UC1_20121124124045.jpg

バズリクソンズの姉妹ブランド、「UNITED CARR(ユナイテッド・カー)」のPコートです!

ヴィンテージのミリタリーアイテムを忠実に復刻しているバズリクソンズは、まさに軍事一色、富国強兵!って感じですが、ユナイテッド・カーはバズのミリタリーテイストをうまく残しながら、よりカジュアルなアイテムをリリースしています!

このPコートも素晴らしいです!軍モノの気品はそのままに、細身でスマートなシルエットになっています。

カジュアルはもちろんフォーマルにもいけそうなくらいの高品質。肉厚なメルトンがそそります・・・。

カラーは写真のネイビーと、毎年売り切れ必至のオリーブです!是非お早めに!

スポンサーサイト

tag : BUZZRICKSONS united carr

N-1 DECK JACKET!! 各色 揃ってます!

こんにちは!本日もルイスに替わりまして「HK G36」と「89式」の血を引く次世代小銃きるゆです!もうこの「~血を引くシリーズ」ネタがつきてしまい困ってます(笑) 「BMWとホンダで主要車メーカー」とか「ルフトハンザとJALでジャンボジェット」とかあまりにも漠然とし過ぎてしまってキャッチーなコメントが思いつきません・・・まぁそんなことはどうでもいいとして(笑) 

毎年人気の商品「バズリクソンズ N-1 デッキジャケット」今年ももちろん入荷してますよ! 当店新人の「イマリン」にかわい~く着てもらいました! 

N-1 デッキジャケットと言えば、当時アメリカ海軍の作業用防寒服として、ほぼ全ての艦艇乗組員に愛用された傑作中の傑作!「ジャングルクロス」と呼ばれる外皮のコットングログランは高密度で耐久性も高く裏地には起毛を施すことで保温性も確保しています! こだわり抜いた素材で再現されたバズのN-1、38・40・42・44のサイズがありますが入荷数は決して多くないので気になられた方は是非お早めに♪

imari FC2
 

真鍮軍

大本営発表!こんにちはルイスです!

本日の大本営発表はこちら!

バズリクソンズのブラス・ホイッスルです!

hue3.jpg

パイロットには必需品であったサバイバルホイッスルをバズがモデル化!ブラス製の味わい深い仕上げです。製造は大英帝国はアクメ・サンダラー社。使い込めば表面が酸化し、とってもヴィンテージな風合いを醸し出します!

hue2.jpg

当時のパイロットはA-2ジャケットの襟のホックにぶら下げて携帯していたそうです。墜落した時の救難信号用ですね。

hue5.jpg

あなたのお手持ちのフライトジャケットに、ワンポイントアクセサリーとしてどうですか!?

tag : BUZZRICKSONS

てぶくろを買いに

そぼ降る雨に体が冷えて、寒いです。こんにちはルイスです。

暖かなアウター類をご紹介してきましたが、忘れちゃあならねえ手の防寒。手袋!グローブ!のご紹介!

バズリクソンズの「A-10 フライング、ウィンター・グローブ」です!

A-10glove.jpg

1938年米陸軍航空隊で採用されたA-10グローブは、当時の与圧装置も暖房装置も無い酷寒のコックピット内で、パイロットの手を守る為に欠かせない物でした。シェルは伸縮性に富んでいるのに堅牢なゴートスキン(山羊革)が使われ、インナーはウールニットで保温性も着用感も抜群です!しかも手首はA-2ジャケットと同じニットのリブが取り付けられ、外気の進入を防ぎます。

カジュアルにも、バイクにも、爆撃任務にも、かなり使えるアイテムです!

カラーは画像のシールブラウンの他に、ダークブラウン(ブラウンリブと赤リブ有り)、そしてウィリアム・ギブソンのオールブラックモデルがあります!

使い込む程に手に馴染み、風合いを増していく、男のアイテム!

tag : BUZZRICKSONS

命は鴻毛より軽し

海ゆかば水漬く屍、山ゆかば草むす屍。こんにちはルイスです。

チョコレートが美味しい季節になってまいりましたねー。まあ通年食べてますけど。

そんな、チョコレートの熱量で体を暖めたくなるほどに寒い季節がやって来ました。

ずっしり重い、武骨なミリタリーアウターばかりご紹介してきましたが、今回はちょいと趣向を変えまして。スタイリッシュで軽量、且つ、ミリタリーの遺伝子もちゃんと受け継いでいる小粋なアウターをご紹介いたします!

A-2down1.jpg

バズリクソンズの姉妹ブランド、「ユナイテッド・カー」のダウンジャケットです!

この形を見てピンと来たあなたはさすがです!このジャケット、先日ご紹介した海軍の「A-2 デッキジャケット」を元にデザインされているんです。シルエットを細くシェイプし、ポケットなどの各パーツはカジュアルにアレンジされています。そして羽毛よりも高機能な化学繊維が中には詰まっており、かーなり暖かいです!

A-2down2.jpg

ブラックもあります!かーなり暖かいです!そして軽い!鴻毛より軽し!!

tag : BUZZRICKSONS UNITED CARR

創造への挑戦

過ぎし幾多の空中戦、銃弾唸るその中で・・・こんにちはルイスです。

あ~11月3日だ~。今年も11月3日がやってきた~・・・。

行きたい!俺だって行きたいよ!「入間基地航空祭」!!!

航空自衛隊入間基地にて毎年「文化の日」に行われる、東京近郊では最大のエアショーです。

中学生の頃から僕はよく行ってましたよ、自転車で。しかし仕事を持つ身となってからはあまり行けず・・・。なので悔しさから毎年毎年、11月3日には目をつむり、耳を塞ぎ、ブルブル震えて時が過ぎるのを待ちます・・・。キィッ!悔しい!私ほどあなたのことを深く愛した奴はいない!なのに!

ブルーインパルスが見たいんだよ・・・。僕はさ・・・。

また今日も長いブログになりそうです。最初に言っておきます・・・。

ブルーインパルス。航空自衛隊第4航空団第11飛行隊。震災で津波被害に遭った松島基地がホームベースです。

忘れもしない僕が14歳のあの日。長野オリンピックの開会式での展示飛行を依頼されたブルーインパルスに密着し、訓練から本番の成功までを追ったドキュメンタリー番組を見て感動の涙を流し、録画したビデオを毎日のように見ては、また涙を流しておりました。そして誓いました、「航空自衛隊のパイロットになる!」と・・・。その夢は敢え無く空中分解するわけですが、まあその話はここでは擱く。

その番組でブルーのパイロットも言っていましたが、彼らの中には少年時代に、東京オリンピックの開会式で上空に五輪を描いたブルーインパルスに憧れ、パイロットを志した人も居たそうです。夢を叶えたんです。すごい。僕とは大違い!えへへ。

濃紺のフライトスーツに、首元は純白のスカーフ。ブーツはピカピカに磨き上げられて、一糸乱れぬ行進で愛機の前へ。整備員と敬礼を交わし、愛機に乗り込む。もうこの時点で鼻血です。エプロンから滑走路に向けてのタキシング中も、ファンサービスを忘れないブルーは観客に手を振ってくれます。もうね、大人ですけど、この時はパイロットに手を振りますボク。「今ワタシのこと見て手を振ってくれた!」みたいな気分になります。またこの時の手の振り方がいい!パイロットは操縦桿を握ってますから、正面を向いていないとイケない。だから手の甲をこちらに向けた状態で手を振る!これがねー、パイロット!って感じでいいんだな!

演技が始まればもう感動で大変なことになります。華麗にて迫力のある演技。あの美しい機動をしている時、パイロットは最大7Gもの重力に耐え、唸り声を上げながら操縦しているんです。自分の体重の7倍もの重力を全身で受け止めながら、繊細な操縦桿捌きをしているんです。これで感涙を流さぬ人とはマイミクにはなれません。ミクシィとかやってないけど。

今年の航空祭に行った方から写真を頂きました。(羨ましい・・・)

Q-pit.jpg

飛行展示第一区分及び第二区分で行われる「バーティカル・キューピッド」ですね!この写真ではまだハートだけですが、この後、もう一機がスモークを曳きながら矢に扮してハートの真ん中を射抜きます。粋な演目です。

これを3次元の空でやっているんです。紙に絵を描くのとはワケが違う!しかも観客席で空を見上げている人たちにとって最適な角度で見えるように計算しつくされているんです。高Gに耐えながら・・・。

そして演技を終えて着陸したパイロット達は、汗だく、Gのせいで顔には酸素マスクの跡がくっきり。なのに疲れた顔も見せずにパリっと敬礼!観客に笑顔で手を振り、握手し、サインに応じ、帰っていく・・・。

絶対来年は観に行きます!ブルーインパルスに対し、敬礼!!

寒さに負けるな!

寒風酷暑ものかわと、艱難辛苦打ち耐えて!こんにちはルイスです!

もう冬の気配がしてきましたね、日中も寒くなってきました。

寒い冬、N-1デッキジャケットなどを着込めばかなり暖かい冬を過ごせます!

しかし!それでも寒いという寒がりな貴方、このトラウザーを履いてみてください。

wgtrs.jpg

バズリクソンズが誇る「黒」のブランド、ウィリアムギブソンから素敵なトラウザー入荷です。

なんと生地はジャングルクロスと呼ばれるコットングログラン、つまりN-1デッキジャケットと同じ生地なんです!繊維がガチガチの高密度に織り上げられているのがわかる、硬質な手触り。コットンとは思えないほどの、レザーに引けを取らないくらいの遮風性です!ズシリと持ち重りのするトラウザー、手にしただけで所有欲を満たしてくれそうです。

シルエットも綺麗ですし、寒がりな貴方じゃなくてもオススメです!オシャレに、バイクに、シンプルなブラックのトラウザーはかなり使えます!

tag : BUZZRICKSONS william gibson

プロフィール

ファントムヨコタ

Author:ファントムヨコタ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR